メンズ向けのシルバーアクセサリーを買うなら純度やデザインに注目

バイクの装飾品

使用時には注意が必要

オートバイ

サイドバッグとは、収納容量を増やすためにバイクに取り付けるバッグのことです。バイクは片方に重量がかかるとバランスを崩して転倒しやすくなるため、サイドバッグは座席を跨ぐ形で左右対称に取り付けます。同じ大きさのバッグが対になって中央のベルトで繋がれたような形状です。サイドバッグの中には、しっかりとバイクに固定できるように金具がついているものもあります。サイドバッグに荷物を詰める場合には、バランスを崩さないように左右同じ重さになるようにすることが大事です。樹脂製など形が崩れないサイドバッグの場合は問題ありませんが、布製など中に入る荷物でバッグの形が変わる場合は走行中の風の抵抗のことを考えて張り出し方が左右同じになるように注意します。安全に走行するために大事なことです。雨が降る時にもバイクに乗るという場合には、防水性の高いサイドバッグを選ぶことが必要になります。水に弱い革製や布製のサイドバッグの場合、中の荷物にまで雨が染み込む恐れがあるためです。また、サイドバッグ自体の風合いも悪くなってしまいます。樹脂製のハードタイプや撥水加工されたナイロン製のサイドバッグであれば、雨の影響を受けずに荷物を運ぶことが可能です。特に重量感のある荷物を詰める場合は、バイク全体の重心について考えるようにします。重い荷物を積んだ状態とそうでない状態とではバイクの乗り心地が異なるため、事前に安全な場所で試乗して感覚を掴んでおくと安心です。

装着時に気を付けること

鞄

バイクに乗ってツーリングやキャンプを楽しむなど、遠出をするには多くの荷物を運ぶ必要があるため、車体の横に装着できるサイドバッグを利用すると便利です。基本的に固定はベルトを使ってシートに固定するため、特殊な工具などが必要になるわけではありませんが、利用する際には注意しておくポイントもあります。サイドバッグは車体の横に装着するため、ノーマル時より横幅が広くなってしまいます。慣れてしまえば問題ありませんが、初めて装着した人などは横幅の間隔を掴めずサイドバッグを車に擦ってしまうといったミスを犯すこともあるようです。特に容量の多いタイプでは横幅が広くなってしまうので、慣れないうちは小さなタイプを選択すると良いかもしれません。また、バイクの側面にはマフラーが通っていて、走行時には素手で触ることもできないほど高温になります。さすがに走行時に素手で触ることはありませんが、サイドバッグによってはマフラーに触れてしまうことがあるようです。特に固定するためのベルトが触れやすいようで、試運転などの短時間では気付きにくいのですが、マフラーの熱によってベルトが焼けるといった問題が生じやすくなっています。タイプによってはサイドバッグ本体が焦げ付いて穴が空くこともあるので、装着時にマフラーとの接触はないかしっかりと確認しておきましょう。どうしても触れてしまう場合はマフラー側の装着は諦め、反対側だけを利用するなど工夫することが大切です。

定期的なメンテナンスが必要

バイク

バイクで使用するサイドバッグは、定期的にメンテナンスをする必要があります。バイクの後方にむき出しの状態で取り付けるサイドバッグは、風雨や紫外線で想像以上にダメージを受けているのです。メンテナンスを怠ることで、劣化が加速し耐久年数が大幅に減少してしまいます。そうならないためにも、サイドバッグの素材ごとに適したお手入れをするようにします。サイドバッグの素材の中で最も繊細なのは革製の製品です。そもそも革は水に弱いため、濡れてしまうとその部分にシミが広がってしまいます。ひどい場合はそこからカビも発生してしまうため、早急なメンテナンスが必要になります。革製のサイドバッグの管理方法としては、まず最初に乾いた布で表面の汚れを落とします。その後、専用のオイルでコーティングすれば完了です。革製のサイドバッグの場合は、できるだけ雨の日の使用を避けるようにします。次に、その他の素材のサイドバッグのメンテナンス方法について説明します。革製以外の素材として、プラスチックなどの合成樹脂やナイロンなどの人工素材があります。いずれの素材も基本的に水に強い性質を持ちますが、風雨や紫外線によって次第に弱まってくるため防水スプレーなどで保護することが大事です。また、布製のサイドバッグは水が染みやすいため使用前に防水スプレーで表面のコーティングを行います。洗える素材の場合は、定期的に洗濯して汚れを落としておくといつまでもきれいな状態を保つことができます。