メンズ向けのシルバーアクセサリーを買うなら純度やデザインに注目

バイクに関する雑貨

購入条件を明確にして選ぼう

メンズ

サイドバッグは、バイクに乗る人にとって欠かせないアイテムです。バイクの収納スペースはとても狭いため、持ち物が多い場合やかさばる荷物を運ぶ場合に不便なのです。しかし、サイドバッグがあれば十分な収納スペースを確保できます。サイドバッグとは、バイクの後輪の上部に取り付ける二つに分かれたバッグのことです。座席や後ろの荷台をまたぐように取り付けるため安定感があり、バイクの走行に耐えられるように丈夫な素材でできています。それでは、自分に合ったサイドバッグを選ぶ際には、どのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。まず、最初に注目すべきことはその素材についてです。できるだけ頑丈にしたいという場合には、樹脂製や金属製のサイドバッグが適しています。専用の金具で取り付けるため、バイクの部品の一部のようにしっかりと固定されます。丈夫さよりも見た目や軽さを重視したいという場合には、布製や革製のサイドバッグが最適です。特に布製の場合は中が空の場合にコンパクトに折りたたむことができるため、風の抵抗が少なくなり快適な走りを楽しめます。また、あえて風雨にさらすことで独特な風合いに育てるという楽しみ方もできます。最近では、軽い上に劣化が少ないということで防水加工が施された新素材のサイドバッグが人気を集めています。安価で耐久性も高いため、初めてサイドバッグを購入するという場合も安心です。自分がサイドバッグに対して求めている条件をはっきりさせることで、自然とそれに合った商品が見つかります。

防水仕様で頑丈

男女

サイドバッグとは、オートバイや自転車の後部荷台に被せて設置するバッグです。2つのバッグが合体したような形状となっていて、それぞれを荷台の左右に取り付けるのです。片方に20〜30キロ分もの重さの荷物を入れることが可能なので、オートバイや自転車での旅行などによく利用されています。また、雨の日に運転しても中の荷物が濡れないようにと防水仕様となっている点も、サイドバッグの特徴のひとつです。撥水性のある生地が使われている上に、開口部が二重三重になっていて、隙間から内部に水が入らないようになっているのです。もちろん耐久性も高く、特に底の部分は生地を重ねてあったり金属板を入れてあったりと、簡単には壊れない構造になっています。そのためカーブなどで車体が内周に傾いて、サイドバッグが地面に触れても、破れて荷物が落ちるといったリスクが少ないのです。このように安全に使用するための工夫が凝らされているため、サイドバッグは通常のバッグと比較すると価格が高めです。1万円前後が相場で、ややコンパクトなサイズのものでも6千円前後となっているのです。また、本革で作られたスタイリッシュなサイドバッグもあり、これは2〜3万円で販売されています。さらに、より頑丈で保冷効果もあるプラスチック製のサイドバッグもあります。いずれも、オートバイや自転車に乗る機会の多い人からは重宝されています。中には、左右のバッグが分離して手持ち用になるというサイドバッグもあり、運転時以外にも使われています。

素材にも様々なものがある

バッグの付いたバイク

バイクに荷物を搭載する時に便利なサイドバッグには、様々な種類があります。サイドバッグとはその名の通りバイクの両サイドに取り付けるもので、バランスが取りやすいように左右対称となっているのが特徴です。素材についても色々なものがあり、用途に応じて選ぶことで快適な走行を実現することができます。サイドバッグには具体的にどのような種類があるのか、特徴も一緒に説明していきます。一般的に普及しているのは、合成樹脂でできたハードタイプのサイドバッグです。これは容量がリットルで表示されており、様々な大きさが揃っています。左右のバッグを繋ぐストラップをバイクのサドルの下に通して金具やマジックテープで固定するだけで簡単に取り付けることが可能です。重量のあるものを入れても外部に影響しないため、工具などの収納に適しています。もっと安価で手軽に使用できるのは、布状のサイドバッグです。ナイロンなど水に強い素材が使われているため、雨の日でも安心して走行することができます。最近では特殊なカーボン素材でできたサイドバッグも登場しており、合成樹脂に比べて薄いながらも丈夫で長持ちという特徴があります。サイドバッグには、革製のものもあります。ヴィンテージのバイクなどに合うため、デザイン性を重視する人の間で支持されています。もちろん、サイドバッグとしての機能性も高く容量もあります。水に濡れないように管理する必要はありますが、長く使用することによって味わいのある風合いが楽しめるようになります。